総合診療科・内科・外科・循環器内科・心臓血管外科・消化器内科・消化器外科・整形外科・泌尿器科・リハビリテーション科・形成外科・救急科
ホーム
外来案内
入院案内
アクセス
病院について
医師紹介
職員募集
関連施設
お問い合わせ
 

ホーム>保険外診療



循環器ドック

心臓・血管疾患のスクリーニングを行い,循環器専門医が結果を説明,助言を行います。
半日コース(血液検査,心電図,胸部レントゲン,心エコー,PWV・ABPI検査)
1日コース(半日コースの検査に加え,CT冠動脈造影,心肺運動負荷検査)

抗加齢ドック(アンチエイジングドック)

従来の人間ドック・検診は癌や生活習慣病の早期発見・予防・早期治療が目的ですが,アンチエイジングドックではさらに老化や生活の質の劣化についても早期に発見し,予防と早期治療を目指します。
血管年齢,ホルモン年齢,神経年齢,筋年齢,骨年齢や酸化ストレス度などを評価し、抗加齢専門医が,理想的な健康状態に向けてアドバイスを行います。

アンチエイジングドックの主な検査項目
  @抗加齢QOL問診票:
基本項目・心の問診・体の問診からなる共通問診表58項目にお答え頂きます。

A血液検査( ホルモン年齢の判定含む ):
一般的な血液検査と同じ方法です。検査コースによっては尿検査を必要とする場合があります。


  B血管年齢の判定:
心臓から送り出される血液が血管に伝わる速さや圧力などから、血管の硬さ、柔らかさを測定し動脈硬化などのリスクを評価します。

  C筋肉年齢の判定:
体組成計を利用して、大腿部の筋肉量を測定します。この筋肉は年をとると供に減少していきますが、この検査で将来立ち上がれなくなるリスクを評価します。

  D神経年齢の判定:
パソコンの画面に向かって行う検査です。表示される図形を色、形、数によって分類していくゲーム感覚で行っていただけます。

骨粗鬆症検査   E骨年齢の判定:
骨の量及び密度を調べる検査です。骨密度は年をとると供に減っていきますが、この検査で将来、骨粗鬆症になるリスクを評価します。

アンチエイジングドックの結果例

サプリメントドック

抗加齢ドックの内,酸化ストレス度や各種ビタミンの測定など,サプリメント摂取の参考となる項目のみに絞ったドックです。
この結果により,抗加齢専門医がサプリメント指導を行います。

血管検診

血液検査,PWV・ABPI,頸動脈エコーなど,動脈硬化に焦点を当てたドックです。
循環器専門医が結果説明,動脈硬化進行予防のアドバイスを行います。

※各ドックの詳細は受付事務または検査室にお問い合わせください。


アンチエイジング医学とは?

アンチエイジング(抗加齢)医学とは、従来の医療が対象にしていた「病気の治療」から、「健康な人のさらなる健康」を目指すプラス思考の医療で、究極の予防医学です。
元気に長寿を享受することを目指すと共に老化の原因を究明・予防し治療することが抗加齢医学の目標です。老化の原因と考えられる「ホルモン低下」、「酸化ストレス」、「免疫力低下」などを防ぐために、今まで医療として積極的に介入をしてこなかったサプリメント指導を含む栄養指導や、運動、ストレスケアなどをも含め対処します。


  リンパ浮腫は,不快な症状で患者さんを苦しめ、日常生活活動を制限します。トレーニングされた看護師、理学療法士が用手リンパマッサージを行うことにより、リンパの流れが改善し、症状改善が得られます。

保険外リハビリテーション

当院リハビリテーションセンターでは,保険外のリハビリテーションも行っています。
詳細はリハビリテーションセンターでお問い合わせください。

 誠潤会 水戸病院 茨城県水戸市袴塚3丁目2787-9 TEL:029-353-7077 FAX:029-291-3780